読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はまぐりにHITOMEBORE

ア●サー女オタがSexy Zoneにハマった

彼らの活躍をおばあちゃんのような気持ちで見守っています。

セクゾの魅力を語ろう ~佐藤勝利編~

Sexy Zone

こんばんは。浅羽です。

メンバーの魅力を5人まとめて順番に語っていこうと思ったのですがしょうりについて書き始めたら終わらなくなったのでこれ5人分書き切る自信が…。

なので随時更新ということで、今回はSexy Zoneのゼロ番、永遠のセンター・佐藤勝利編。ものすごい速度でセクゾに転がり落ちたにわかオタクが彼らの生き方に触れこれまで勝手に感じたことですので、ツッコミたくなるところもあるかと思いますが大目に見てください。


選ばれし神の子~天は二物を与えなかった~
佐藤 勝利 (さとう しょうり)
10月30日生まれ 20歳 A型

f:id:asabasaaan:20170204173331j:plain

しょり、勝利、勝利くん、しょーり、しょりたんなどと呼ばれる。萌えすぎて感極まったキモオタは「ちょりたむ~~♡♡」と呼び始める。なお本人は「勝利」または「勝利くん」と呼んでほしい旨を新年メッセージで語っていた。「佐藤」は嫌らしい。たまに「かつとしさん」と間違えられるがかつとしさんではない。


セクゾファンに「世界で一番美しいのは?」と聞けば、推しが誰であろうと彼の名前を挙げるであろう。あまりにも完成されすぎた顔面は最早二次元。マジで二次元。日本一の美少年ソムリエであるジャニーさんに「Youは特別かっこいいよ」と言わしめたそのご尊顔は、どの瞬間を切り取っても完璧な造形をしている。雑誌のグラビア等でカメラに向かってキメた表情がかっこいいのは当たり前。怖いのは歌番組などで動いている一瞬を一時停止してもグラビア用の写真と同じくらい整っていること。いつだって神作画佐藤勝利作画崩壊などあり得ない。そう、勝利を見ていると「作画」という単語が自然に出てくるのだ。そのくらい二次元じみたビジュアルをしている。

f:id:asabasaaan:20170204143802j:plain

その美しさは顔面だけに留まらず、スタイルも抜群。脚が長い!細い!腰が細い!腰の位置が高い!上半身が細い!腕が細い!以下略!少女漫画から飛び出して来たような小柄で華奢な体躯に、世界で一番美しい顔面が乗っかっているのだ。これは恐ろしい。何を食ったらそんなに綺麗になるんだ。親子丼?親子丼なの?
169センチという公式設定身長はちょっと盛り過ぎでは?と思うほど小柄で可愛らしいのに、脱ぐと意外と腹筋バキバキだったりして、そのオスみ溢れるギャップにイケしょりファンはただただ彼の生に感謝し五穀豊穣を願うのである。
クリスマス前あたりのFNS歌謡祭だったかMステだったかで披露した「よびすて」では、あまりにも美し過ぎて「顔面世界遺産」「ユネスコは早く佐藤勝利を保護しに来い」と言った彼のご尊顔を讃えるツイートが多々見受けられた。

f:id:asabasaaan:20170204143717j:plainf:id:asabasaaan:20170204173238j:plain

元々おおよそステージに立つ為の声帯をしていないというか、声を出すことが得意ではない。(周りが声のデカい奴らばかりなので余計なのかもしれないが/特にふまけん)しょうり自体もかなりポンコツだし突然訳の分からん挙動を起こしたりする(参照:壮絶Sexy寺修行他)し、そこまでツッコミ属性ではない筈なのに、容赦なくボケ続けるボケ四人に向かって小さな声を張り上げて懸命にツッコミしている姿を見ると他四人いい加減にしてやれと思うことすらある。が、自分が唯一のツッコミだからしっかりしなければという自負もあるようで、セクチャンの背中文字当てクイズの折には「これからも頑張りたい」旨を語っていた。

囁くような低音が特徴のしょうりの歌声。決して音痴ではないのだがとにかく声が通らないので、ステージでは大体苦しげに眉根を寄せ、搾り出すような歌い方をする。その表情がたまらない。
男性アーティストにしては全体的に高めのトーンが多いセクゾ楽曲の中で、しょりパート及びしょりソロは低めでびっくりする。一番可愛い顔をしている子が一番声が低いってものすごい滾るんですけど!?バンバン
個人的に一番好きなしょうりの歌声は『カラフルEyes』のドキドキしよう」の所です。可愛らしくキュンキュンするあの曲の中で、待ってましたと言わんばかりに静かに弾ける、センター様によるオスみ溢れる低音のウィスパーボイス。ドキドキしよう?どうしてドキドキせずにいられようか。無理だ。

もぐしょりについて
佐藤勝利はよく食べる。食べ物が登場するロケだとずっと何か食ってる。(参照:Sexy湯けむり温泉ツアー他)みんながカメラに向かってコメントしている間もずっと食ってる。Sexy Zoneの今までを振り返ってみんなが話してる間もずっと食ってる。(参照:5thアルバムA盤)「お腹減った」もよく言っている。しかも、ものっそい美味しそうに食べる。美味しいと瞳がキラキラ輝くので食レポはもはや必要ない。

f:id:asabasaaan:20170204173617j:plainf:id:asabasaaan:20170204181741j:plainf:id:asabasaaan:20170204181816j:plain

咀嚼するスピードが速く、げっ歯類が木の実を高速で齧っている姿を彷彿とさせる。ハムスターのようにほっぺいっぱいに頬張ってもぐもぐしている姿はあまりに愛らしい。通称「もぐしょり」。気になる方は「もぐしょり」で画像検索すると幸せな気持ちになれます。セクチャンの「勝利のための焼き鳥回」は必見。驚くほどの量をもぐもぐもぐもぐもぐもぐと食べ続ける。いっぱい食べるきみがすき。
食べても食べても太れない体質なのだろうか、それほどまでに仕事がハードなのかは分からないが、すげぇ食う割にガリガリ。健人にも細っ!と言われた腕はケーシングに入ったカニカマかと思うほどである。元々小柄なのも相まって、ライブ中等にしょうりがセクシーに脱いでもエロいと言うか貧相で「お腹いっぱいごはん食べさせてあげようね…」というおばあちゃんみたいな気持ちにさせられる。

こんなにパーフェクトなビジュアルをしていても中身は結構残念…というかポンコツ気味。車・バイクオタクなのに免許は無い(取りたいとは言ってる)。プラモデルを集めたり雑誌を読んだりすることが好きな模様。コンサート中のC&Rが「イェイ!イェイイェイ!」しかなかったり、着すぎてデロデロになったもっさいチェックシャツを鬼ヘビロテしてたり、壊滅的に絵が下手だったり、ブログの文面がマジでつまんなかったり、センターにいるのに気づくと一言もしゃべってなかったり、表情がにこにこと真顔の2種類しかなかったり…こいつ本当にジャニーズか?と思う一方で、ジャニーズというキラキラの世界に浸るうちに忘れかけていた「普通の20歳ってどんなんだっけ」をふと思い出させてくれる存在でもあったりする。佐藤勝利の残念エピソードを見ると心があたたかくなる。

語弊があるのは承知で、多分元々はアイドルの器じゃないんだろうな…と思わざるを得ない。どう考えても陰キャ。でもそんな不器用な彼が一生懸命輝こうとしている姿が愛おしいのであって、人より少し(少しじゃない)顔が綺麗なだけだった大人しく控えめな一少年がジャニーズに入りSexy ZoneというGになり、「センター」という荷が重すぎるポジションを与えられ、周りからの色々な視線に晒されながらその大きすぎる枠に相応しくなれるよう我武者羅に頑張っている今この瞬間が尊い。尊いんや………。(天を仰ぐ)

ただ不器用な彼の「頑張り方」はやはり不器用で、若さも相俟ってなのだろうが、とにかく自分に出来ることは全部やろうみたいな、何を犠牲にしても(主に体力)突き進んでいくしか能がないというか…頑張るのはいいけど、無理するんじゃないよ本当に…とゲッソリこけた頬を見る度にババァは心配になります。ごはんはちゃんとたべるんだぞ。君がおいしいものをたくさん食べれるようにわたしはお金を使うからね。

大人しいのは大人しいのだが、PV撮影の合間等では誰よりもふざけている姿が目撃される。聡マリに絡んだり勝手気ままに行動したり、カメラに向かってふざけたり。一方で自分にはシンメがいない事をぼそっと不貞腐れたり、年相応にやんちゃな様子、センチな様子も見られ、大人と子供の中間にいる今の佐藤勝利は最もおいしい時期なのではないかと思われる。ブリでいうとちょうど脂がのった冬。ブリしゃぶ食べたいですね。

強火山P担で、山Pパイセンのことを嬉しそうにキュヒキュヒ喋る。サマパラのソロコンでは大好きな山Pパイセンの曲を歌いノリノリではだかんぼーになっていた。強火健人担でもあり健人くんスキスキダイスキオーラが全然隠せていない。またPrinceの岸優太くんのことは最早重いレベルで愛しておりとても仲が良いようで、雑誌のインタビュー等ではやたら彼の名前を出し語りまくっている。「キシ!キシ!」とキュヒキュヒ鳴く。しょうりをよろしくね岸くん。

参考「キュヒ顔」。笑うとキュヒる。ウルトラ可愛い。

f:id:asabasaaan:20170204175331j:plain

しょうりだけで3500文字超えたので嫌になりました。こちら一応健人担です。

死因:中島健人

Sexy Zone

サマパラBlu-ray見ました。

もう無理しんどい…中島健人しんどい…

 

これはわたしの棺桶に入れておいてください。

胸がいっぱいで感想を書くのもままならないので、風磨と聡マリのも見てから纏めて書きます。

 

中島健人しんどい芸人より

花束を、君に

Sexy Zone

こんばんは、浅羽です。

セクゾ布教の為にはまずメンバーの紹介からやるべきところだとは思うのですが某作家様の某冊子(何とは言わない)を読んでいるうちセクゾと「花」の親和性ヤバくない…?とザワザワし始め、気が付いたらものすごい勢いで文をしたためておりました。Sexy Zoneと言えば「薔薇」というのはファンでなくとも知っている事実ですし今更敢えて語る事もありません。

今回は薔薇以外の花々を彼らに持たせたいッ…いやむしろ見立てたいッ…!メンバーのイメージカラーやイメージナンバーを考えてキャッキャするのが楽しいように、彼らに似合う花を妄想するのも楽しいのです。とはいえ、彼らのパーソナルな紹介をする前にイメージフラワーを語るのはちょっと順番が違うかなと思うので、メンバーの「歌声」をそれぞれ花に見立てたら…?という自己満考察を書いて行きます。いやその順序もどうなんだよ。

※独断と偏見による超個人的意見です。

 

セクゾのみんなの歌声は花束みたいだな、と思います。それぞれに強い個性があってオリジナルのカラーもちゃんとあるのに、邪魔し合うことなく、五人がお互いを引き立て合うように寄り添って咲いている花束のよう。
五周年記念のベストアルバムのA盤、色とりどりの薔薇をバックに五人が写っていましたね。それ自体はお祝いの花束的な意味だったのかもしれないけれど、クソペラいジャケットを見てそんな風に感じました。当方花にはあまり詳しくないのでもっと他に相応しい花がある!と言った異論は受け付けます。むしろ教えてセクシーガール。

セクゾの曲はやはりふまけん(しょり)がメインで歌っているので、普通にアルバムを聴いているだけでは聡マリの歌声に触れる機会があまり無いんですよね〜。絶対にぃキミィを落としたい〜ン♡
ソロコンとか行ってれば分かるのかもですが、ソロコンのBlu-rayは水曜にならないと届きません。ぐぬぬ…。と言う訳で、弟組については知っている限りの感想でございます、悪しからず。


中島健人
我らが健人中島は大輪のオリエンタルリリ

色は目立つ華やかなオレンジか黄色かな。まず目に入る=耳に届く、クリアで鮮やかな声は花束の中心に据えるのにぴったりで、どの花よりも堂々と誇らしげに咲いている印象。「俺を見て!」とアピールしてくるような底無しの情熱。
語弊があるかもしれませんが、まさに人の目の楽しませる為に改良され、最も美しい状態で咲いているオリエンタルリリー。色っぽさを意識してやっているんだろうなと聴いて分かるほど、とにかく艶やかに麗しい。でもどこか、どこか切なさを孕んでいる面もあったりして。そんな彼の中の二面性についての妄想考察を始めると歌声から話題が逸れる上に多分4日半くらい掛かるので割愛します。

f:id:asabasaaan:20170123000549j:plain


菊池風磨
同じように圧倒的な歌唱力の風磨はラナンキュラス

高音の美しさと安定感、イケイケの低音ふまラップ。優しかったり激しかったり、しっとりしてたり憂いを帯びてたり。曲によってここまで声色が変わるのはすごいなと純粋に思う。歌手かよ。歌手だった。
そんな風に何種類もの顔を持つ歌声は、グラデーションを帯びた何十枚もの花弁が折り重なるラナンキュラスみたいな花じゃないかなと思います。底が知れないポテンシャルと腹の内を読ませないようなミステリアスな雰囲気は、それこそまさに沢山の花弁に包まれた花の中心で「…内緒♡」とあのもっちり唇に人差し指を当て逸らしていた視線をやや乱暴に此方に向けて口元をニヤッと吊り上げア゛ア゛ァ〜〜〜〜抱いてくれ〜〜〜〜

f:id:asabasaaan:20170123000617j:plain


松島聡
そちゃんはブルースター僕の富士山麓の湧き水のように透き通った綺麗な歌声は決して健人みたいに目立つタイプの声ではないけれど、暖色系の花束に差し色を添えるみたいな涼やかさがある。アルバムを聴いていると、本当に彼のソロパートは少ないんです。わたしの中のワンガリ・マータイさんMOTTAINAI!」と声を荒げていますが仕方あるまい。それでも、ふとそちゃんの歌声が聞こえると「あっそちゃん…♡」と笑顔になる。声質としてはザ・王道アイドル〜!という爽やかな感じ。もっともっとたくさん歌って欲しい。

f:id:asabasaaan:20170123000642j:plain


マリウス葉
マリは一番悩んだ。だって、印象がころころ変わるんだもの。最初こそ五周年ベストのDisk1ばかり聴いていたので、『Lady ダイヤモンド』で「イェイイェーーーイ!!」と叫んでいた頃のキャピるんショタ声の印象が強すぎて、次に聴いた『Congratulations 』の「要らないものは〜全部捨てよう〜」本当に誰だか分からなかった誰ッッッだこのアダルティでSexyな艶ボイスは…!?と思ったらマリだった。
紫ががったピンクの小ぶりなシンビジュームかな?と。Sexyな英語歌詞の艶やかさと、でもやっぱり可憐で可愛い二つの面がある。花束に向いている花かどうかは知りませんが、それ一本だけでも充分絵になるランの一種ではないかなと思います。そちゃんと同じく、もっと歌って欲しい。

f:id:asabasaaan:20170123000722j:plain


佐藤勝利
しょうりはかすみ草儚くふわりと舞い落ちる雪のようなひとひら控えめで優しい小さな花。鮮やかさは無いが花束には必ずと言っていいほどよく使われ、無くてはならない存在感がそこにはある。
しょうり曲の中ではやはり『Last Winter's Night』が印象的。ウェルセクではさだまさし風に弾き語り、その消え入りそうに儚く切ない歌声にババァは涙が止まりませんでした。
好きな人を恋しげに遠くから見つめるように、縋るように胸に響いてくる掠れた小さな声は、それだけで物語になりそう。書き出しはこうだ―――

 もう春も近いと言うのに、その日の晩は雪だった。黒いアスファルトに白い粒が落ちては吸い込まれていく。終わりのない冷たいリフレインを、私は駅前のベンチに腰掛けぼんやりと見つめていた。
理由など無かった。ただ、家に帰りたくなかっただけ。子供のような言い訳をも飲み込み、無音の粒はしんしんと降り注いでゆく。このまま雪と一緒に溶けて、消えてしまえたら。悲しむ人などきっと居ない。忘れられる事すら怖くない。私の吐いた溜め息は、どこか遠くに流れて消えた。
アスファルトの黒が雪を吸い込みきれなくなり、地面が白く染まり始めた頃、駅前の人の声も疎らになり、私の肩にも膝にも、白い綿毛が積もっていた。
――その時だった。さり、と静かに地面を踏みしめる音。積もり始めた新雪に跡をつけるだけの、軽い足音だ。
「……ねぇ」
一瞬、雪の音かと思った。あまりにそっと、柔らかく降ってきた声だったから。私は驚いて顔を上げた。
眼を見張るほど綺麗な顔をした少年が、無表情に私を見下ろしていた。空から舞い散る白い粒が人間の形を取っているのだと思った。彼は首を傾げ、私をじっと見つめている。
「寒くないの」
少年は少しだけ、ふわりと笑った。頬に落ち溶けた雪が少し、あたたかく感じた。
―――to be continued…(続かない)

f:id:asabasaaan:20170123000742j:plain


以上です。語りすぎて最後ちょっと小説になってしまいましたが無理矢理終わります。花束のような君たちに、ありがとうとがんばっての意味を込めた花束を贈りたい。あとソロコン円盤早く見たい。

Welcome to Sexy Zone(マジなやつ)

Sexy Zone

はじめまして。浅羽と申します。2か月ほど前に何故か突然Sexy Zoneにハマッたのですが、ジャニ友達もいないし右も左もよく分からないのでとりあえず引き籠って日々セクゾちゃんの色々な動画を漁りまくっているうち「あれ…?なんかもう5年来のファンな気がしてきた…」と気持ち強気になってしまった新参者です。風磨にガチ恋していますが一番頑張って欲しいのはそちゃん、幸せになって欲しいのはマリ、しょうりには美味しいものを与えて一日中キュヒ顔を眺めていたい健人ファン。

日々彼らへの愛おしさで爆発しそうになっている為、この想いをアウトプットすべくブログを開設いたしました。ツイッターでは書ききれないリビドーをここに叩き付けられたらいいなと思っております。よろしくお願いいたします。

 最初なので、根っからの二次元オタであったわたしがSexy Zoneに堕ちることになった経緯をドキュメンタリーっぽくつらつらと。

 

 

 Sexy Zoneという名前は知っていた。というより名前しか知らなかった。ジャニーズという日常から隔絶されし世界に触れずに育ってきたわたしには、嵐やKinKi、SMAPTOKIOレベルのベテラン勢くらいしかメンバー全員の名前を言えるグループは無かった。

「ジャニーズの若い子」と言えば忍たま乱太郎のEDを歌っていたくらいの記憶しかない。あの頃はきり丸と土井先生しか見ていなかったし、今思えばあれはHey!Say!JUMPだったような気もする。彼らがデビューした時の記憶は確かにあるのだが、「Sexy Zoneてwwwこの子らいくつだよwww」と草を生やしていた記憶すらある……。メンバー個人の名前など勿論知らず。「あぁ、山田涼介がいるとこ?」程度の認識しかなく、今になってみれば当時の自分の肩を掴んで首が捥げ落ちる程強く揺すってやりたい。

 そんなセクゾとの出逢いは直近の11月。3年ほど付き合っていた彼氏と破局し暫く離脱していた二次元にすっかりUターンをキめていたわたしは、スパイとしてドイツに潜り込んだり怪盗団のリーダーとして心を頂戴したり喰魔と非難されながらも弟の無念を晴らすべく世界中を旅していた。これはこれで忙しかった。そう、オタクは忙しいのである。11月のとある土曜日、そんな絶賛「一人楽スィ~~~~~い!!」状態だった干物女子に大きな転機が訪れる。

友達がいないわたしは先に結婚した3つ下の妹とばかり遊んでおり、新婚だからとかそういう遠慮もなく隔週くらいのペースで家へ遊びに行っていた。そこで妹が最近ハマっているものがあるという話を、飼っているウサギの鼻のYをピンポーンしながら聞いていた。

「めっちゃかっこいいんだって!佐藤勝利きゅん!」と鼻息荒く語る妹が見せてきたのが、録画してあったMステだった。確か9月に放送されたもので、国歌Sexy Zoneを歌っていたような気がする。セクゾについての知識は全く無かったわたしでも、この曲は知っていた。耳に残るキャッチーなメロディーと意味不明な個性的な歌詞は、彼らの鮮烈なデビューと共に微かに記憶に残っていた。

「ふーん、かっこいいじゃん」。越前リョーマ風に頬杖をつきながら偉そうにイケメンを吟味する嫌な女である。だが、だいたい髪型と髪色で個を認識する二次元の住人であったわたしは、この時点で佐藤勝利中島健人の見分けが付いていなかった。今思えば信じられないのだが、ジャニーズに触れてこなかった人間としては割と一般的な反応だと思う。多分わたしだけじゃない。

絵に描いたようなイケメンが何人も、くるくると鮮やかに歌って踊っている。「あぁこういうの最近見たわ、アイドリッシュセブンで見たわ…」そんな気持ちでぼんやり画面を見つめていた。

そう、この時点ではセクゾにハマるなんて夢にも思っていなかった。

 

では何がきっかけだったのか。――Sexy Zone CHANNNELである。

1週間後、わたしはまた妹の家に居た。本当に友達がいない。

Mステを数回リピートして顔の特徴と「しょうり」「ケンティー」「ふーま」「そーちゃん」「マリウス」という名前を辛うじて頭に叩き込まされた後、次に妹に見せられたのがセクチャンの新年会回だった。

 

 すっっっっっっっっっげえ面白かった。 

顔の綺麗な男の子達がわちゃわちゃと高校生のようなノリで大騒ぎしているのである。可愛くない訳がなかった。その筋のお姉様方には分かる単語だと思うのだが、ノリがまさにオールキャラギャグなのだ。古今東西様々なジャンルを練り歩きあらゆる性癖の具現(同人誌)に触れてきたわたしの一番好きなジャンルがそれだと知っての狼藉か!切腹!って感じ。何かもう、ありがとうございますと、この時点で思った。

そこから転がり落ちるのは我ながら早かった。長い事オタクをやっているが、セクゾに転げ落ちた時の瞬間最大風速は大学生時代のテニプリのそれを超えたんじゃなかろうかと、自分の中で密かにレコードを更新した。

アルバムを揃えDVDを買い雑誌を買い曲を聴き込んで覚え動画を見漁り薄い本を買い画像を探しては保存し見返してニヤニヤし……四天宝寺中のジャージを着て全員のキャラソンをマスターしていたあの頃と同じ昂揚感。あぁ、これだ。これは今までわたしがずっとやってきたことだ。紛れもないオタク活動だこれは。楽しいに決まっている。

セクチャンの面白さは見ないと分からないと思うので敢えて書くことはしないが、是非見て欲しい。セクゾを好きになるきっかけは色々あると思うけれど、個人的にはセクチャンを入り口にするのをおすすめしたい。Sexy Zoneの5人の素顔を知ってから「ステージ上の」Sexy Zoneを見ると最早感無量で胸の重要めな血管が詰まりそうになる。

 

そんなこんなで、今やすっかりセクガル(ガールという歳ではないがきっと健人は年齢問わずガールと呼んでくれよう)となり、一日中5人の過去現在未来について思案を巡らせている。元々考察厨●女子なので、純粋にキャーキャー応援したいというよりはどちらかというと草葉の影から彼らをそっと見守り根も葉もない妄想考察を張り巡らせている方が体質的にしっくり来る。

が、そこはやっぱり三次元アイドル。テレビに映る彼らをキャーキャー騒ぎながら応援するのもすごく楽しい。すごい女の子してるって感じ。もうちょっと若い頃にハマっていたら、きっとキラキラなティーンエイジを送れたのだろうなぁと思うと、わたしを此方側に引きずり込んだうちはサスケくんの事を少し恨めしく感じる。

ただ、この歳になってハマって良かった事もある。金だ。金はある。貢げる。CDやDVDを買う事に躊躇しない勇気。……と高を括っていたのだが、ジャニオタって大変なんだな……という現実をひしひしと噛み締めている。まず雑誌。こんなの全部チェックしようとしたらキリがない。たった1ページの為に毎月何冊の雑誌を買えばいいのか分からない。そしてCD。何バージョンあるねん!!!!!とキレそうになるくらい、特典映像他で別バージョンを出してくる。こんなの全部揃えたら恐ろしい金額になる。これにコンサート、舞台……金を落とさねばならないポイントはまだまだある。ある程度の節度を持たないと冗談抜きで破産しかねないので、たまに振り返って冷静になる時間も設けようと思う。大人だからね。

 

今度のツアーに行けるのかハラハラしながら、何度目か分からないセクチャンを見る毎日。ここ最近の口癖が「金なら出す……」になっているダメな大人が、ブログという形でにわかなりにセクゾの魅力を紹介していきたいと思う。

彼らはもっと知られるべきなのだ。

だって、知ったら絶対好きになる。