読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はまぐりにHITOMEBORE

ア●サー女オタがSexy Zoneにハマった

彼らの活躍をおばあちゃんのような気持ちで見守っています。

セクゾの魅力を語ろう ~佐藤勝利編~

こんばんは。浅羽です。

メンバーの魅力を5人まとめて順番に語っていこうと思ったのですがしょうりについて書き始めたら終わらなくなったのでこれ5人分書き切る自信が…。

なので随時更新ということで、今回はSexy Zoneのゼロ番、永遠のセンター・佐藤勝利編。ものすごい速度でセクゾに転がり落ちたにわかオタクが彼らの生き方に触れこれまで勝手に感じたことですので、ツッコミたくなるところもあるかと思いますが大目に見てください。


選ばれし神の子~天は二物を与えなかった~
佐藤 勝利 (さとう しょうり)
10月30日生まれ 20歳 A型

f:id:asabasaaan:20170204173331j:plain

しょり、勝利、勝利くん、しょーり、しょりたんなどと呼ばれる。萌えすぎて感極まったキモオタは「ちょりたむ~~♡♡」と呼び始める。なお本人は「勝利」または「勝利くん」と呼んでほしい旨を新年メッセージで語っていた。「佐藤」は嫌らしい。たまに「かつとしさん」と間違えられるがかつとしさんではない。


セクゾファンに「世界で一番美しいのは?」と聞けば、推しが誰であろうと彼の名前を挙げるであろう。あまりにも完成されすぎた顔面は最早二次元。マジで二次元。日本一の美少年ソムリエであるジャニーさんに「Youは特別かっこいいよ」と言わしめたそのご尊顔は、どの瞬間を切り取っても完璧な造形をしている。雑誌のグラビア等でカメラに向かってキメた表情がかっこいいのは当たり前。怖いのは歌番組などで動いている一瞬を一時停止してもグラビア用の写真と同じくらい整っていること。いつだって神作画佐藤勝利作画崩壊などあり得ない。そう、勝利を見ていると「作画」という単語が自然に出てくるのだ。そのくらい二次元じみたビジュアルをしている。

f:id:asabasaaan:20170204143802j:plain

その美しさは顔面だけに留まらず、スタイルも抜群。脚が長い!細い!腰が細い!腰の位置が高い!上半身が細い!腕が細い!以下略!少女漫画から飛び出して来たような小柄で華奢な体躯に、世界で一番美しい顔面が乗っかっているのだ。これは恐ろしい。何を食ったらそんなに綺麗になるんだ。親子丼?親子丼なの?
169センチという公式設定身長はちょっと盛り過ぎでは?と思うほど小柄で可愛らしいのに、脱ぐと意外と腹筋バキバキだったりして、そのオスみ溢れるギャップにイケしょりファンはただただ彼の生に感謝し五穀豊穣を願うのである。
クリスマス前あたりのFNS歌謡祭だったかMステだったかで披露した「よびすて」では、あまりにも美し過ぎて「顔面世界遺産」「ユネスコは早く佐藤勝利を保護しに来い」と言った彼のご尊顔を讃えるツイートが多々見受けられた。

f:id:asabasaaan:20170204143717j:plainf:id:asabasaaan:20170204173238j:plain

元々おおよそステージに立つ為の声帯をしていないというか、声を出すことが得意ではない。(周りが声のデカい奴らばかりなので余計なのかもしれないが/特にふまけん)しょうり自体もかなりポンコツだし突然訳の分からん挙動を起こしたりする(参照:壮絶Sexy寺修行他)し、そこまでツッコミ属性ではない筈なのに、容赦なくボケ続けるボケ四人に向かって小さな声を張り上げて懸命にツッコミしている姿を見ると他四人いい加減にしてやれと思うことすらある。が、自分が唯一のツッコミだからしっかりしなければという自負もあるようで、セクチャンの背中文字当てクイズの折には「これからも頑張りたい」旨を語っていた。

囁くような低音が特徴のしょうりの歌声。決して音痴ではないのだがとにかく声が通らないので、ステージでは大体苦しげに眉根を寄せ、搾り出すような歌い方をする。その表情がたまらない。
男性アーティストにしては全体的に高めのトーンが多いセクゾ楽曲の中で、しょりパート及びしょりソロは低めでびっくりする。一番可愛い顔をしている子が一番声が低いってものすごい滾るんですけど!?バンバン
個人的に一番好きなしょうりの歌声は『カラフルEyes』のドキドキしよう」の所です。可愛らしくキュンキュンするあの曲の中で、待ってましたと言わんばかりに静かに弾ける、センター様によるオスみ溢れる低音のウィスパーボイス。ドキドキしよう?どうしてドキドキせずにいられようか。無理だ。

もぐしょりについて
佐藤勝利はよく食べる。食べ物が登場するロケだとずっと何か食ってる。(参照:Sexy湯けむり温泉ツアー他)みんながカメラに向かってコメントしている間もずっと食ってる。Sexy Zoneの今までを振り返ってみんなが話してる間もずっと食ってる。(参照:5thアルバムA盤)「お腹減った」もよく言っている。しかも、ものっそい美味しそうに食べる。美味しいと瞳がキラキラ輝くので食レポはもはや必要ない。

f:id:asabasaaan:20170204173617j:plainf:id:asabasaaan:20170204181741j:plainf:id:asabasaaan:20170204181816j:plain

咀嚼するスピードが速く、げっ歯類が木の実を高速で齧っている姿を彷彿とさせる。ハムスターのようにほっぺいっぱいに頬張ってもぐもぐしている姿はあまりに愛らしい。通称「もぐしょり」。気になる方は「もぐしょり」で画像検索すると幸せな気持ちになれます。セクチャンの「勝利のための焼き鳥回」は必見。驚くほどの量をもぐもぐもぐもぐもぐもぐと食べ続ける。いっぱい食べるきみがすき。
食べても食べても太れない体質なのだろうか、それほどまでに仕事がハードなのかは分からないが、すげぇ食う割にガリガリ。健人にも細っ!と言われた腕はケーシングに入ったカニカマかと思うほどである。元々小柄なのも相まって、ライブ中等にしょうりがセクシーに脱いでもエロいと言うか貧相で「お腹いっぱいごはん食べさせてあげようね…」というおばあちゃんみたいな気持ちにさせられる。

こんなにパーフェクトなビジュアルをしていても中身は結構残念…というかポンコツ気味。車・バイクオタクなのに免許は無い(取りたいとは言ってる)。プラモデルを集めたり雑誌を読んだりすることが好きな模様。コンサート中のC&Rが「イェイ!イェイイェイ!」しかなかったり、着すぎてデロデロになったもっさいチェックシャツを鬼ヘビロテしてたり、壊滅的に絵が下手だったり、ブログの文面がマジでつまんなかったり、センターにいるのに気づくと一言もしゃべってなかったり、表情がにこにこと真顔の2種類しかなかったり…こいつ本当にジャニーズか?と思う一方で、ジャニーズというキラキラの世界に浸るうちに忘れかけていた「普通の20歳ってどんなんだっけ」をふと思い出させてくれる存在でもあったりする。佐藤勝利の残念エピソードを見ると心があたたかくなる。

語弊があるのは承知で、多分元々はアイドルの器じゃないんだろうな…と思わざるを得ない。どう考えても陰キャ。でもそんな不器用な彼が一生懸命輝こうとしている姿が愛おしいのであって、人より少し(少しじゃない)顔が綺麗なだけだった大人しく控えめな一少年がジャニーズに入りSexy ZoneというGになり、「センター」という荷が重すぎるポジションを与えられ、周りからの色々な視線に晒されながらその大きすぎる枠に相応しくなれるよう我武者羅に頑張っている今この瞬間が尊い。尊いんや………。(天を仰ぐ)

ただ不器用な彼の「頑張り方」はやはり不器用で、若さも相俟ってなのだろうが、とにかく自分に出来ることは全部やろうみたいな、何を犠牲にしても(主に体力)突き進んでいくしか能がないというか…頑張るのはいいけど、無理するんじゃないよ本当に…とゲッソリこけた頬を見る度にババァは心配になります。ごはんはちゃんとたべるんだぞ。君がおいしいものをたくさん食べれるようにわたしはお金を使うからね。

大人しいのは大人しいのだが、PV撮影の合間等では誰よりもふざけている姿が目撃される。聡マリに絡んだり勝手気ままに行動したり、カメラに向かってふざけたり。一方で自分にはシンメがいない事をぼそっと不貞腐れたり、年相応にやんちゃな様子、センチな様子も見られ、大人と子供の中間にいる今の佐藤勝利は最もおいしい時期なのではないかと思われる。ブリでいうとちょうど脂がのった冬。ブリしゃぶ食べたいですね。

強火山P担で、山Pパイセンのことを嬉しそうにキュヒキュヒ喋る。サマパラのソロコンでは大好きな山Pパイセンの曲を歌いノリノリではだかんぼーになっていた。強火健人担でもあり健人くんスキスキダイスキオーラが全然隠せていない。またPrinceの岸優太くんのことは最早重いレベルで愛しておりとても仲が良いようで、雑誌のインタビュー等ではやたら彼の名前を出し語りまくっている。「キシ!キシ!」とキュヒキュヒ鳴く。しょうりをよろしくね岸くん。

参考「キュヒ顔」。笑うとキュヒる。ウルトラ可愛い。

f:id:asabasaaan:20170204175331j:plain

しょうりだけで3500文字超えたので嫌になりました。こちら一応健人担です。